トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

54 / 57«50535455»

【横浜市・分別収集】
雑誌とその他紙(雑がみ)が全体の55%占める
雑がみに禁忌品混入、国内メーカー使用せず
G30プラン、5年前倒しで今年度に実現か

2005年9月12日 655号


350万人の人口を抱える日本第2の大都市、横浜市が今年4月から古紙、古布、その他プラスチック容器包装(以下容リプラ)の分別収集を全域で開始した。4-6月の回収実績を横浜市資源循環局家庭系対策課に聞いてみると、古紙1万5, […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【佐久間】
東京都町田市に4,500坪のリサイクルセンター建設
一般公募で町田市が選定、12年間の随意契約を結ぶ
その他プラスチック容器(容リプラ)の専用ヤード

2005年9月5日 654号


東京都町田市が来年4月から「その他プラスチック容器包装」(以下、容リプラ)を市内全域で分別収集する。収集開始に当たって分別基準適合物にするためのリサイクルヤード(選別・加工する中間処理施設)を建設できる企業を一般公募した […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙回収率】
韓国、昨年の古紙回収率は84.1%に
過去15年間に40.7ポイントの驚異的な伸び
日本の回収率、80年代までは韓国を上回る

2005年8月29日 653号


日本の古紙の回収率は1990年代は伸び悩んだが、2000年に入ってからの上昇が著しい。過去5年間で10.8ポイントという二桁の伸び。そして今年上半期の回収率はついに70%台に乗せるようになった。今後5年間もまだまだ高い伸 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【アビヅ】
流札車(廃車)の大型リサイクル工場稼働
RPF設備、古紙のベーラーなども導入
中古車オークションとの組み合わせは初

2005年8月22日 652号


名古屋港に面する中古車のオークション会場に隣接して建設された大型リサイクル工場(敷地面積は1万7,500坪)、㈱アビヅ(名古屋市港区昭和町14-24)を見学させてもらった。廃車、金属、プラスチックのリサイクル事業がアビヅ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【和歌山県】
2,000坪を超えるヤードが2ヵ所(はまだ、太陽産商)誕生
ヤード密度(6万3千人に1ヵ所)が高い和歌山県下で
はまだ、ベーラーを2台保有

2005年8月8日 651号


一昨年から昨年にかけて和歌山県下で2,000坪を超える大型の古紙ヤードがふたつもできた。ひとつは㈱はまだ(本社・和歌山県那賀郡打田町)。もうひとつは太陽産商㈱(和歌山市西浜)。はまだを訪問する機会があったので、紹介したい […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【日本製紙・岩沼工場】
DIP(脱墨古紙パルプ)能力、工場群(日本製紙)で最大
大王・三島と並び大量の雑誌を使用
今春から塗工紙にもDIPを配合

2005年8月1日 650号


減産の続く板紙生産工場に対して、洋紙工場はおおむねフル稼働体制にある。1997年秋から洋紙大手各社のDIP(脱墨古紙パルプ)設備ラッシュが続いたが、03年春を最後に収束する。新聞用紙や印刷・出版用紙への古紙配合増が狙いだ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【高良・リサイクルポート小名浜】
大型港湾ヤード、東北地区にも誕生
2,000坪の敷地に450坪の工場倉庫
韓国・中国向けに定期コンテナ船

2005年7月25日 649号


㈱高良(本社・福島県原町市、高橋隆助社長)のリサイクルポート小名浜(福島県いわき市泉町下川字大剣1-35)を見学する。小名浜港・大剣埠頭に隣接する大型港湾ヤードである。小名浜港からは韓国、中国行きの定期コンテナ航路(週1 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の製紙産業】
中国、生産上位30社のシェアは30%
寡占化が進んだ日本に対し、群雄割拠
売上500万元(約6,500万円)以上に3,009社

2005年7月18日 648号


中国造紙協会調べによる昨年の中国の紙・板紙生産量は4,950万トン。前年比15%増で、数量にして650万トンもの驚異的な増加となった。2000年代に入ってからの過去5年で、中国の紙・板紙生産は1,860万トン増(年平均3 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【大阪府の古紙ヤード】
東京都に次ぐ全国で2番目のヤード数
家庭系古紙、集団回収とチリ紙交換が2本柱

2005年7月11日 647号


北海道から始まった都道府県別の古紙ヤードマップの作成は目下、近畿地区に入っており、今回は大阪府。ベーラーを持つ大阪府の古紙ヤードは111ヵ所にのぼった。埼玉県の107ヵ所を上回り、東京都の129ヵ所に次ぐ、全国で2番目に […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【大王製紙・三島工場】
雑誌(日産450トン)、新聞(日産350トン)のDIP設備を新設
洋紙向け雑誌(昨年の消費実績9万トン)の使用量、倍増へ
洋紙大手のDIP増設、03年春で絶える

2005年7月4日 646号


03年春以来、洋紙大手のDIP(脱墨古紙パルプ)設備の新増設が一巡していたが、大王製紙がこのほど発表した内容によると、国内最大級の取り幅で最高速のオンマシンコーター(塗工機)を三島工場に新設するのにともない、雑誌古紙と新 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

54 / 57«50535455»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top