トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

30 / 57«29303150»

【家庭系古紙】集団回収、分別収集は2006年がピーク
民間回収が活性化し、回収が多様化

2010年8月2日 896号


関東地区での家庭系古紙の回収は①集団回収②分別収集(行政回収とも呼ばれる)③新聞販売店回収が中心だったが、近年、関東以外の他地区では④家庭にチラシを撒き、特定日に回収業者が集める(ただ新聞販売店と提携していない)⑤流しの […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の為替政策】人民元の切り上げは中国の製紙にプラス
1%の元高で100億円の原料コスト削減に

2010年7月26日 895号


6月下旬、中国政府は対ドルの人民元の為替相場の弾力化を認める声明を発表。その後、緩やかなペースで元高が進み、1カ月で約0.8%上昇した。中国政府が元の切り上げに動いたのは、金融危機前の08年7月頃から約2年ぶり。中国の製 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙ヤード】10年連続で新ヤード開設ラッシュ
ヤード立地は関東・中部・近畿に偏る

2010年7月19日 894号


10年連続でヤード(ベーラーなどが設置された回収基地)開設ラッシュになりそうだ。2001年以来、全国で毎年、20ヵ所以上の新ヤード(S&Bを含む)が開設されてきたが、今年も20ヵ所を上回ることが確実視されるからだ。 別表 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【福建省・聯盛紙業(レンセイシギョウ)】5年後に200万トンの大型プロジェクトが起動
輸入古紙は欧州品を9割使用、日本品は使用せず

2010年7月12日 893号


古紙の貿易を手掛ける東方物産(東京都千代田区)の厳社長の紹介で、福建省の段原紙メーカーである福建省聯盛紙業(福建省章州市)を見学した。聯盛紙業は205年に設立した新興の段原紙メーカーで、年産能力は45万トン。現在、増設工 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の原料調達】原料の44%を輸入、国内自給への移行進むか
古紙の回収ルートの構築と植林地の拡大を急ぐ

2010年7月5日 892号


来年にも中国の紙・板紙生産量は1億トンが射程に入ったが、増大する生産を支える原料調達が課題となってきそうだ。中国で製紙原料となる古紙やパルプは大半を輸入に依存し、今後も旺盛な需要が続くことから、価格面では高値基調で推移し […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【北摂リサイクルセンター】大本紙料と共栄紙業の合弁ヤード
川西市の分別収集、抜き取りが増加

2010年6月28日 891号


大本紙料(本社・兵庫県神戸市)と共栄紙業(兵庫県尼崎市)の合弁ヤードである北摂リサイクルセンターの2ヵ所のヤードを見学した。北摂リサイクルセンターの本社工場は平成17年にオープンし、翌18年から始まった川西市の分別収集品 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の紙・板紙生産量】紙・板紙生産8.3%増、古紙消費は11.3%増
経済危機から脱出、2011年に生産量1億トンが視野に

2010年6月21日 890号


中国造紙協会が公表した「中国造紙工業2009年度報告」によると、昨年の中国の紙・板紙生産量は8,640万トンで、前年より8.3%増となった。一方、古紙消費量は生産量の伸び率を上回る11.3%増の6,174万トンとなった。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【ビナクラフト・古紙ヤード】昨年開設した3拠点で月間約4,000トンを集める
段ボールの仕入れ価格はキロ19円前後と効果

2010年6月14日 889号


ビナクラフト社の直営ヤードを1ヵ所見学しただけのため、ベトナムの古紙回収業の全体像は想像するしかない(これまでの現地レポートも参考になった)。ただいえることは古紙ヤードに大型ベーラーが相次いで設置され、ベール品が急速に普 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【ビナクラフト】ベトナム最大の年産22万トンの段原紙工場
38万平方メートルの工場敷地には設備拡大の余地も

2010年6月7日 888号


新興国として経済成長が期待されるベトナムを訪れ、本格稼働を始めたばかりのビナクラフトペーパーを見学した。ビナクラフトペーパーはレンゴーが30%を出資する合弁企業で、南部のホーチミン市近郊に工場を建設し、年産22万トンの設 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【ベトナムの製紙業】紙・板紙と古紙の消費の4割以上を輸入
輸入国から現地生産化、需要拡大に期待

2010年5月31日 887号


5月19日から3日間にわたり訪越し、レンゴーの合弁企業であるビナクラフトペーパーの段原紙生産工場と直営の古紙ヤードを見学した。ビナクラフトの特集は次号以降に掲載したいが、ベトナムにおける製紙業の現況を俯瞰しておきたい。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

30 / 57«29303150»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top