トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

55 / 57«50545556»

【豊田通商】
広州市に古紙・鉄屑のリサイクルセンター建設
運営は合弁会社で来1月稼働を予定
トヨタグループから発生する再生資源を回収

2005年6月27日 645号


丸紅に続いて総合商社、豊田通商㈱(東京都中央区日本橋2-14-9、豊田通商ビル)が来年1月稼働で、中国の広州市に鉄屑、古紙などの再生資源物を扱うリサイクルセンターを作る。現地のトヨタグループ各社から発生する古紙、鉄屑など […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【紙製容器】
18都府県で指定保管施設ゼロ(分別収集する市町村なし)
6年目を迎えていまだ回収率2%に達せず
07年度実施で企業も収集費負担へ

2005年6月20日 644号


容器リサイクル法による紙製容器包装の分別収集が始まったのが平成12年度(2000年度)。今年で6年目を迎えるが、今年度の落札数量(市町村が集めた紙製容器を再商品化事業者が入札)は3万6,613トン。家庭から排出される紙製 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【2004年の申告所得】
古紙問屋、4,000万円以上に118社
再生資源卸上位30社で古紙問屋は3社
古紙問屋でトップは静岡の兼子

2005年6月13日 643号


前年に続いて週刊ダイヤモンドの別冊7月号(法人申告所得ランキング)の付録であるCD-ROMから古紙問屋をピックアップしてみた。古紙問屋の業態は卸売業の中の再生資源卸。そこから申告所得4,000万円以上の古紙問屋をピックア […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【容リ協会】
1年前倒しで落札価格を都道府県別に公表
ペットボトルは暴落、プラスチックは高値安定

2005年6月6日 642号


指定法人(日本容器包装リサイクル協会)は再商品化事業者の落札単価を平成18年度から公表する予定だったが、①昨年来、容器リサイクル法の見直し作業にかかっている②関係筋の要望が強いーことから1年前倒しで公表を始めた。この結果 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【荒川商店】
鉄スクラップの輸出専用バースを持ち
扱い量(月平均1万トン)の6割をアジアに輸出
古紙、ビン、廃家電、RPFまで取り扱う

2005年5月30日 641号


鉄スクラップの輸出専用バースとヤード(港と基地)を持つ㈱荒川商店(本社・鹿児島市新栄町4-8、荒川文男社長)を訪問し、専用バースなどを案内してもらった。コンテナを利用する古紙と違って、鉄スクラップはバラ積みで輸出される。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【オフィス古紙】
新東洋(ベトナム)の増産、寧波中華紙業(中国)の
輸入再開で秋口にも需給は好転か
九州製紙(大分製紙グループ)、年末から原料を手当

2005年5月23日 640号


ベトナムの家庭紙メーカー、新東洋(ニュートーヨー)は日本からオフィスパック(込頁)を月1,500トン購入しているが、今秋には製品ベースで年産1万1千トンの増産体制を整えるのにともない、使用古紙も月1,000トン~1,50 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【本田春荘商店】
東広島市に4番目の古紙ヤード開設
西風新都、機密文書の処理増える
2年連続で広島市の選別・加工業務落札

2005年5月16日 639号


㈱本田春荘商店(本社・広島市南区)の新ヤード、東広島営業所(東広島市西条中央4-2-40)をこのほど見学させてもらった。同社にとって広島市郊外では初めての古紙ヤードで、かつ古紙では4番目のヤードである。 東広島営業所を見 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【新ヤード】
6年連続で新ヤード(回収基地)開設ラッシュ
今年は国内外に20ヵ所以上か
近畿地方、昨年は15ヵ所誕生

2005年5月9日 638号


昨年は全国で40ヵ所以上の古紙ヤードが開設され、過去最高のヤードラッシュとなった。設備投資の主役は古紙問屋だったが、廃棄物業者がリサイクル施設を作り、同施設内に古紙のベーラー(大型梱包機)を設置するケースも目立った。 今 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

中小のメッカ静岡で白板紙5社(02年以降)が倒産
最後の砦は古紙ものトイレットペーパー(シェア46%)
白板紙、98年をピークに生産は減少へ

2005年4月25日 637号


昨年来、企業の倒産件数が減ってきたなかで、中小板紙の不況色が鮮明になっている。中小板紙の生産といえば静岡地区がメッカ。その静岡地区で昨春の天間製紙に続き、今春、井出製紙が自己破産を申請し、事実上倒産したからである。 いず […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の古紙輸入】
今年も15%増(1-2月累計)と二桁成長続く
輸入先別シェアでは米国が大きく後退
代わって欧州勢が6%アップ、日本は横ばい

2005年4月18日 636号


昨年、中国の古紙輸入は前年比31%増の1,229万トンだった。今年1~2月累計でみると、229万トンで前年比15%増と、今年も二桁成長をみせている。この勢いで輸入が続くと、年間輸入量は1,400万トンを超えることになろう […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

55 / 57«50545556»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top