トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

1 / 5512350»

【中国の環境規制】
2019年末までに資源ごみを全面輸入禁止?!
詳細未定も世界の再生資源市場に激震

2017年8月7日 1241号


 中国向けの再生資源市場が、急展開を迎えている。7月中旬に環境負荷の大きい資源ごみの輸入禁止措置をWTOに通達した後、27日には国務省が輸入禁止に向けたアクションプランを正式承認した。中国の製紙メーカーの思惑ではなく、政 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【宮崎】
設立50周年に向け、扱い量150万㌧へ
茨城に初のヤード、日立RCを4月に開設

2017年7月31日 1240号


 古紙価格の高騰を背景に、㈱宮崎(本社:愛知県清須市)が業績を伸ばしている。今年五月期決算での売上は275億円と過去最高を更新。また古紙扱い量も133万トンに上り、全国で最大規模となった。市場は縮小傾向にあるものの、積極 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【おうちCO-OPリサイクルセンター】
3月に独自のリサイクルセンター立ち上げ
宅配カタログを中心に年間1万㌧超を集める

2017年7月24日 1239号


 生活協同組合ユーコープ(本部:神奈川県横浜市)が三月、「おうちCO-OPリサイクルセンター」を神奈川県大和市に開設した。同センターはラージベーラーを備え、組合員から回収したカタログなどの資源物をプレスし、出荷する機能を […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【廃プラ輸出】
日本の廃プラ輸出の八五%が中国向け(香港経由含む)
ナショナルソード発令で破砕・洗浄が必須に

2017年7月17日 1238号


 中国が四月に発令した環境規制政策であるナショナルソードによって、廃プラの輸入規制が一段と厳しくなると予想されている。日本の廃プラ輸出のうち中国・香港向けが八五%を占めており、廃プラを扱う古紙問屋にとっても今後の状況が気 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙問屋 売上・利益】
古紙問屋の平均売上は三・四億円で一割減
一五年期は古紙専業は売上増、兼業は減少

2017年7月10日 1237号


 二〇一六年の古紙問屋一社当りの平均売上は三億三千六百七万円で、前年より一〇%減少した。上半期に円高等の影響で輸出価格が低迷したことが、売上減少の要因となった。また今年もJETROのデータベースで、売上十億円以上の古紙問 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国のメーカー別古紙輸入量】
ナインドラゴンが全世界から932万㌧輸入
各社の調達網の全貌が明らかに

2017年7月3日 1236号


 中国は情報統制が厳しいというのが一般的な見方だが、対価さえ支払えば他国では公開していないような興味深い統計情報を入手できる側面もある。今回、中国税関がまとめた製紙メーカー別の古紙輸入量のデータ一覧を入手した。過去にも一 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【新ヤード】
今年の新ヤード開設は十三ヵ所(予定含む)が判明
九ヵ所が関東地区、近畿は三年間で四ヵ所

2017年6月26日 1235号


 古紙輸出価格が高騰し、未曾有の価格帯であるキロ三十円台もいよいよ現実的に なってきた。そんな古紙バブルの状況の中、今年の新ヤード(予定含む)の開設は、 現在のところ判明しているもので十三ヵ所。そのうち関東地区が九ヵ所を […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【段ボールの輸出価格】
今年3月の最高価格に並ぶ
中国のインフレ・需要増続く

2017年6月21日 1234号


 六月半ばに、OCC(段ボール古紙)の輸出価格が、早くも三月の最高値に並んできた。ドル価で二六七ー二七〇ドルを付けており、円価では為替が三月に比べて円高に振れたため、二十七円弱となっている。ONP(新聞古紙)も二六〇ドル […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【ポイント制 古紙回収】
全国のポイント制古紙回収機は二千八十七台
上位三社でシェア六一%を占める

2017年6月19日 1234号


 近年、家庭系古紙の回収方法に大きな変化が見られる。古紙価格の高止まりにより、仕入競争が熾烈になっていることが背景にあるが、二〇〇八年以降、急速に広まったポイント制古紙回収の存在も見逃せない。本紙の最新の調査では、ポイン […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【日本M&Aセンター】
中小企業のM&A仲介の草分け
リサイクル・紙関連は二年間で十四件

2017年6月12日 1233号


 M&A(合併・買収)は古紙業界の再成長・活性化につながるのかーー。今年四月、日本紙パルプ商事㈱が福田三商㈱を電撃買収したように、今後の生き残り策としてM&Aに注目が集まるのは間違いない。一般的にいっても人口減や内需の縮 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

1 / 5512350»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top