2007年8月27日 古紙ジャーナル記事 751号

【青森県の古紙回収】
分別収集の普及で回収量の6割を占める
【岩手県の古紙回収】
2本立て回収が定着、家庭ごみ有料化は実施せず

全国の都市部を対象にした集団回収と分別収集の調査で、今回は東北地方の青森県と岩手県を取り上げたい。青森県10市と岩手県13市で、人口の総計はそれぞれ約100万人。分別収集がほぼ全ての市で普及しており、集団回収との2本立て回収が多い。回収量は岩手が3万8,000トンで青森を約1万トン上回る。 とりわけ市町村の合併が加速した結果、同じ市内で地区ごとに回収方法が異なっているケースが多く、全市域で一...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top