2007年8月20日 古紙ジャーナル記事 750号

【ナインドラゴン】
2年後には世界トップ5の生産設備に
260万平方メートルの敷地に専用港や社員寮

ナインドラゴン太倉工場の工場棟

驚異的な成長を続ける中国最大手の板紙メーカー、ナインドラゴン(玖龍紙業)の太倉工場を見学した。前号ではナインドラゴンの創始者である張茵董事長のインタビューを掲載したが、今号では太倉工場の概要と設備を中心にレポートしたい。 260万㎡の敷地には、マシン4台、古紙置場が2ヵ所、ボイラー3基、製品倉庫、事務所の他に、汚水処理施設や専用港、社員寮などがある。将来的には、太倉工場だけで年産500万トン...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top