2017年9月4日 古紙問屋 » 1244号

【松岡紙業】
無人回収ステーションを地域インフラへ
全国最多の二百カ所弱まで拠点増やす

各社による無人回収ステーション数(ポイント制除く)

 古紙の発生減で、仕入れ競争も激化。行政の安定した分別収集でも競争入札が増え、1定量を継続して集めることが難しくなった。こうした中でポイント回収・無人拠点回収は、価格競争にさらされずに量を確保できる回収方式として、広がりをみせている。松岡紙業㈱(3井文雄代表取締役、本社:静岡県富士市)は無人回収ステーション「こしのえき」を商標化し、全国で最多の200カ所近くまで拡大。静岡を中心に、従来の集団回収・...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top