2017年6月5日 古紙ジャーナル記事 1232号

【横浜市】
AIがごみ分別を指南
NTTデータと共同で実証実験

イーオの対話機能が、ごみ分別の疑問に答えてくれる

 横浜市は3月6日より、AI(人口知能)を使ったごみ分別を指南するサービスを始めた。スマホやインターネット上に「イーオのごみ分別案内」というコーナーを設け、マスコットキャラクターのイーオに調べたいごみの品目を問いかけると、イーオが分別品目や出し方を答えてくれるというもの。横浜市がこれまで蓄積した約20000語の検索キーワードをベースに、NTTドコモによる言語処理プログラムを採用。両者の共同による実...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top