2005年2月28日 古紙ジャーナル記事 629号

【古紙の需給ギャップ】
年々増大し昨年は297万トンに
需給ギャップ分がそっくり輸出に回る

古紙再生促進センター調べによる昨年の日本の古紙回収量は前年比106万トン増の2,151万トンとなった。一方、消費量は同29万トン増にとどまり、1,854万トン。回収量から消費量を差し引いた需給ギャップ(国内余剰分)は297万トンとなり、過去最高を記録した。 上表のように需給ギャップが年々膨らんでいるが、これにつれて輸出も増大。需給ギャップ分がそっくり輸出されている格好だ。つまり、需給ギャップ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top