2017年6月12日 古紙ジャーナル記事 1233号

総会語録

全原連 栗原理事長

 今年も業界関連団体で総会が開かれた。半年間で古紙の国際価格が暴騰、急落したものの、引き合いは依然強い。そのため、古紙需給は不足感が強まり、国内メーカーは製品安原料安から脱却できるかの正念場を迎えている。古紙問屋は、荷の減少に歯止めがかからず、持ち去り問題の対応も急務である。 全原連 栗原正雄理事長  「需給状況について、昨年の古紙回収量は2124万トンで、一昨年から16万トンの減少。ピー...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top