【SCG特集その2】
ワンサラの工場で検収現場を見学

半旗のSCGのワンサラ工場正門

 SCGパッケージングの1つである、SKICのワンサラ(Wangsala)工場で、インスペクション(輸入古紙の検収)の現場を見学した。同工場はカーンチャナブリ郡に位置し、バンコクから北西に約80キロの場所。18万トンの年産能力があり、マシン台数は2台で、ライナーボードを中心に生産している。使用する古紙はOCC(段ボール古紙)で、ローカル品が50%、米国品が25%、日本品が25%という割合である。 ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top