【解説】
王室系財閥、ASEANでM&A投資拡大
サイアム・セメント・グループの企業群

王室系財閥、ASEANでM&A投資拡大

 サイアム・セメント・グループ(以下、SCG)の企業グループの概要を取り上げる。SCGは1913年に当時の国王の命によって創設された、タイで最古のメーカー。現在も王室財産管理局が筆頭株主で、31.6%の株式を保有する。同社が王室系企業といわれる所以だ。ただし、王室は完全なサイレント・マジョリティ(発言しない株主)に徹し、代々、サラリーマン社長が経営を担う。華人系の財閥が席巻するタイ産業界で唯一、土...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top