2015年8月24日 古紙ジャーナル記事 1144号

【古布】
マレーシア向け輸出価格、最大二〇%下落
大手業者が一万二千㌧の在庫積み増す

首都圏の自治体で回収された古布

 七月に古布の輸出価格がマレーシア向けを中心に八~十円前後下がったが、マレーシアの大手古布業者のホンスーンハンで在庫が未だ高水準にあるなど、先行きの不透明感が漂っている。価格高騰を続けていた古布は、ピーク時より一〇~二〇%安い価格帯で取引されている。ここ数年、仕入れ競争も過熱し、各地の自治体の入札でも高値が付いていた。今回の急落は現地の政策的な要因が強く、需給要因は薄いとされるが、予断を許さない状...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top