2015年8月31日 古紙ジャーナル記事 1145号

【オガワエコノス】
年間4万3千トンのRPFを供給
全国の処理業務も受注し、海外へ視野

オガワエコノス鵜飼工場

広島でRPF製造などを手掛ける産廃業者、㈱オガワエコノス(本社:広島県府中市高木町五〇二ー一〇、小川勲代表取締役会長)を訪問した。事業の柱であるRPF製造は、全国で三番目に大きい供給規模がある。また人口減少に直面する地域において、「少量多品種」であらゆる資源物を扱い、ノウハウを蓄積。全国区で一括して産廃処理を受注する商社業務にも繋げてきた。「健康経営」を経営方針に掲げて「人づくり」に重点を置く、ユ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top