2015年8月10日 古紙ジャーナル記事 1143号

【古紙問屋の後継者問題】
社長平均五十六歳、世代交代順調に
第三世代が問屋の企業的経営を模索

主要古紙問屋における代表者の年齢一覧

 今春、家具販売大手で経営権を巡り、株主を巻き込み父娘が対立する騒動が起きたことは記憶に新しい。古紙問屋にとっても、その大半は親族が事業を継承しており、必ずしも他人事とはいえない出来事に映ったのではないか。そこで主要な古紙問屋の事業承継の状況を調べてみた。社長平均年齢は五十六歳。世代交代は比較的順調に進んでいるが、経営の実権は先代が握ったままというケースも少なくない。オーナー経営の強みとリスクにつ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top