2009年4月27日 古紙ジャーナル記事 834号

【古紙回収量】
紙・板紙の出荷減に対して回収減は緩やか
2月(過去最高の輸出量)の輸出比率は27.4%へ上昇

昨秋の古紙の国際価格暴落から半年が経過した。この間の各種データを見ると、紙・板紙の生産・出荷の落ち込みが激しいのに比べ、古紙回収量の減少幅は比較的緩やかだ。国内の消費量が回復せず、購入カット分や問屋在庫分が輸出に振り向けられており、2月は輸出比率が大幅に上昇している。逆内外格差による価格体系の中、仕入れ価格でバランスを取りながら、回収量を確保しているようだ。 国内消費は大幅に減少 昨年10...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top