2007年9月10日 古紙ジャーナル記事 753号

【輸出価格ドルベース】
段ボール・雑誌ともに180ドル(CIFトン当たり)台に
段ボールは7年ぶり、雑誌は12年ぶりの高値
新聞加えた3品とも200ドルが視野に入る

段ボール、雑誌の輸出価格がCIFトン180ドル台(フレート、保険料、商社マージンなどを含む。上海なら上海に着けての海上運賃を加算した値段のこと)に乗せてきた。段ボールが180ドルの壁を突破したのは2000年5月以来、七年ぶりのこと。雑誌は00年以降では最高値。 新聞も加えて3品とも200ドルが視野に入ったことになり、来春にかけて200ドル相場が現出するのかどうか、注目されるところ。為替を1ド...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top