2011年4月18日 古紙ジャーナル記事 931号

【サイコー】津波被害を受け設備の大半が損傷(仙台港資源化センター)
仙台市はごみ焼却場・集積場共にパンク寸前

仙台港からわずか5キロほどのサイコー・仙台港資源化センター

東日本大震災で津波の被害を受けた㈱サイコーの仙台港資源化センター(仙台市宮城野区蒲生2丁目2-1)を訪問した。本紙は2003年のオープン式典を含めて何回か同工場を訪れているが、辺り一帯の変わり果てた光景に言葉を失った。震災から1ヵ月が経過するが、倒壊した家屋、車、電柱、瓦礫が至るところに散乱し、津波被害の大きさを物語る。緊迫した地震当時の状況や被害状況に加え、ごみ焼却場と災害ごみの集積所がパンク寸...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top