2011年4月25日 古紙ジャーナル記事 932号

【古紙の問屋在庫】
急増する雑誌在庫、4月末には3万トン台か(関東商組)
在庫増におびえる関東、西の在庫は払底

関東商組32社の雑誌在庫量推移

関東エリアでは放射能汚染問題によって中国向け古紙輸出の多くが3月16日からストップし、4月下旬時点でまだ再開されていない。このため関東商組32社の三月末の雑誌在庫量が前月の8,300トンから1万7,000トンと倍増。出荷に対する在庫率も32.5%となった(前月は17.7%)。ただ新聞、段ボール在庫は若干増にとどまったので、主要三品全体では4万2,000トンと、大きく膨らんでいない。 しかし4...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top