2006年4月3日 古紙ジャーナル記事 683号

【宮崎グループ】
ヤード数、今年度内にも50ヵ所視野に
同時に古紙取扱量、年間100万トン達成へ
約5,000坪の全天候型の新ヤード見学

3月27日にオープンした宮崎・岐阜リサイクルセンター

3月27日のオープンに先立ち、㈱宮崎の岐阜リサイクルセンター(岐阜市秋沢1-50-1)の竣工式が23日にあったので、同センターを見学させてもらった。敷地面積が4,900坪もあり、全天候型(密閉型)の大型ヤード(回収基地)。宮崎グループとしては45番目のヤードだが、中部地区の古紙問屋を買収したことで、さらに2ヵ所のヤードが増え、グループのヤード数は47ヵ所となった。 今夏には埼玉県上尾市に新ヤ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top