2019年7月1日 古紙問屋 古紙需給 » 1334号

【大本紙料】
輸出による在庫調整、1コンテナ20万円、
1日800万円の赤字に

段ボール在庫は1000~1500トン

 大本紙料㈱(本社・兵庫県神戸市、大本知昭代表取締役)を訪問した。全国的に問屋の在庫量が増加しているが、同社の在庫量はそれほど多くない。  大本紙料の6月中旬の古紙在庫量は5,000~5,500トン。品種別の内訳は、新聞3,000トン、段ボールが1,000~1,500トン、雑誌1,000トン。GWの10連休時には、在庫量があっという間に1万トンほどになったが、それ以降はなるべく在庫量を増やさない...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top