2020年1月6日 海外動向 »  1359号

【英国の産廃・古紙ヤード】
現在は廃プラをメインに選別、儲かる事業にコストをかける

Cawleys社の台貫と工場入口

 英国の産廃処理業者であるCawleys社を訪問。MRF工場と古紙ヤードの2ヵ所を見学した。MRF工場では、シングルストリームによって回収された事業系の資源物の選別を行っている。7つの資源物に分けているが、廃プラの価格が高騰しているので、廃プラをメインに選別しているという。段ボール古紙の国内外の販売価格がキロ1~2円に下落しており、今の状況では選別はしないと話していた。  Cawleys社は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top