2020年4月27日 古紙需給 » 1375号

【雑がみ】
内外の販売不振で需給軟化
関東商組で回収取り止めの方針も

 2000年以降、行政回収の普及とともに、広がった雑がみ回収。家庭から自治体の行政回収か集団回収において、「雑誌・雑がみ」のカテゴリーで収集しているケースが多い。3月の発生期を経て、問屋在庫が急増。内外で販売不振に陥っていることで、自治体からの雑がみ回収を停止しようとの動きが出てきた。  雑がみとは、新聞、雑誌、段ボール、紙パックを除く、紙全般を指す品種で、チラシやパンフレット、紙箱や包装紙、紙...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top