2020年4月27日 古紙価格 古紙需給 » 1375号

【家庭紙メーカー】
家庭紙向け原料軟化
反動減はGW明け以降か

日本の雑誌系古紙の輸出価格の推移

 家庭紙向け古紙の需給軟化が続く。東では4月初旬より富士のメーカーがキロ2円下げたことで、複数のメーカーが追随。西でも1~2円前後下げに動いた。様子見姿勢の他メーカーも、時間差で値下げ交渉に入るとみられている。  ただ、この先行したメーカーの場合、昨年から月産1000トンのパルプ品のマシンが稼働するなど、再生品の生産比率を下げるといった事情もある。産業系古紙の発生減が加速する中、今回の値下げには...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top