2006年10月9日 古紙ジャーナル記事 708号

【工藤商店】
古紙問屋として唯一出版物の商品倉庫を持つ
グループで月間3,300トンの返品雑誌を扱う
返品付録のDVDは破砕して中国へ輸出

三田線のガード下にある工藤商店の高島平営業所

古紙問屋として唯一出版物の商品倉庫を持つ、工藤グループの㈱工藤商店(本社・東京都板橋区前野町4-10-18、工藤裕樹社長)の高島平営業所を見学した。高島平営業所は商品倉庫や運送センターが隣接する板橋区の準工業地域にあり、敷地面積は約400坪。 同営業所では1日50~60トン、月1,500トンの古紙を梱包している。概ね返本雑誌で取次より現地発生分を含めると全体で3,300トンの返本雑誌を取り扱...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top