2006年10月16日 古紙ジャーナル記事 709号

【今年の新設ヤード】
関東が最多の7ヵ所(うち横浜が2ヵ所)
中部、近畿、九州で各4ヵ所
7年連続のヤード開設ラッシュ

東日紙商の墨田営業所

7年連続で今年も古紙ヤード(回収基地)開設ラッシュとなっているが、10月時点での新ヤード数(既設ならびに年内完成予定)は8月調査時点よりさらに5ヵ所増えて24ヵ所となった。24ヵ所を地域別にみると、トップが関東地区の8ヵ所。中部、近畿、九州がいずれも4ヵ所で肩を並べた。 業態別にみると、仙台マテリアル(仙台市)とアプナップ(京都市)が廃棄物業者による古紙ヤード。残り22ヵ所が専業者である古紙...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top