2008年5月19日 古紙ジャーナル記事 787号

【新潟県の古紙回収】
分別収集と家庭ごみ有料化のセット導入拡がる
【富山県の古紙回収】
集団回収で7割、紙製容器の資源化も全市で

全国の都市部を対象にした集団回収と分別収集の調査で、今回から中部地方を取り上げる(東京都と関東地方の特集は後日掲載)。まずは新潟県と富山県のデータがまとまった。新潟県20市の人口230万人から9万8,000トンを集めるのに対して、富山県10市の101人で4万4,000トンを回収。 集団回収と分別収集の割合では、新潟が36:64、富山が70:30と対照的だが、1人当たりの回収量はともに43キロ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top