2008年5月26日 古紙ジャーナル記事 788号

【紙製容器】
再商品化事業者へ委託、0円入札が過半数に
2万トン台から伸びず、回収自治体数も減少

容器包装リサイクル協会が紙製容器包装を再商品化業者に委託する入札で、0円での落札が指定保管施設108ヵ所のうち60ヵ所の過半数を超えた。市況回復を背景に紙製容器の価格も上昇しており、容リ協会が再商品化業者に委託料を支払わなくとも資源化が進んでいる。 再商品化量は2万トン台から伸び悩み、回収する自治体・団体数は毎年減少傾向にある。自治体側では独自の雑がみ(その他紙)回収が拡がってきており、容リ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top