2009年2月23日 古紙ジャーナル記事 825号

【モリオト】
古紙や紙に関する様々な事業を積極的に展開
製紙どころの四国中央市は分別収集を開始

㈱モリオトの本社工場は約1,200坪の敷地

製紙どころの四国中央市の老舗古紙問屋である㈱モリオト(愛媛県四国中央市中ノ庄町532、森実達治代表取締役社長)を見学させてもらった。上物古紙をメインに扱うモリオトは、古紙や紙に関連する様々な事業を積極的に展開。 古紙100%のエコひも君の製造販売、ワインダー加工やスリッター加工などの紙加工、再生紙管の製造と紙管古紙の粉砕処理、和紙畳の製造、RDV車による機密処理等、多岐に渡る。同社の様々な事...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top