【大王製紙】
N7マシンがフル生産へ、大半を輸出
問屋会立ち上げ・難処理古紙を積極活用

大王製紙・三島工場のN7マシン

 大王製紙の三島工場で転抄したN7マシンが本格稼働している。同マシンは月間2万5000トンのライナーを生産し、4月から稼働を開始。6月からはフル生産体制に入った。ただし、そのうち2万トン近くは中国を主とする海外市場に振り向ける。洋紙から段原紙へのマシン転抄がトレンドとなりつつあるが、その場合、①マシンの適合性、②古紙の調達が課題となる。N7マシンは幅広を活かし、200億円を投じて競争力の高いマシン...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top