2007年3月19日 古紙ジャーナル記事 730号

【段ボール古紙】
中国や米国の国内価格がキロ20円台に
出遅れる日本、国内建値はまだ10円前後
輸出手取りとの価格差もキロ6円以上に拡大

昨年、中国では段ボール古紙の輸入が151万トンも増えて1,043万トンになった(古紙全体では262万トン増の1,962万トンに)。ナインドラゴン(玖龍紙業)やリー&マン(理文造紙)の段原紙生産設備の大増設(両社だけで2年間に619万トンの能力増)が今年から来年にかけて集中しているので、段ボール輸入がさらに膨らむだろう。 中国の需要増大を背景に、今年の段ボール価格の上昇は必死とみられたが、中国...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top