2013年10月28日 古紙ジャーナル記事 1055号

【大綿マレーシア工場】
2003年に開設、月間2,000トンの古布を扱う
従業員は300名、130種類に選別し輸出

㈱大綿(愛知県愛西市)のマレーシア工場を見学した。同社は国内に7工場(愛知4、埼玉1、他2工場)と海外3ヵ国に5工場を持ち、月間約3,000トンの古布を扱っている。古布の扱い量は国内で最大級の規模を誇る。大綿のマレーシア工場は2003年に開設し、今年で10年目を迎える。扱い量は月間2,000トンで、全て日本から輸出したもの。マレーシアは人件費や諸経費が安い反面、多民族国家ならではの様々な政策があり...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top