トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

20 / 58«19202150»

【米国の古紙需給】
中国のメーカー系3社で3割のシェア
問屋は廃棄物系とメーカー系が占める

2013年3月25日 1026号


 古紙の輸出ビジネスにおける「商社不要論」がにわかに巻き起こっている。英国の業界専門誌であるMRW誌が「中国の大手メーカーが中小輸出業者を市場から締め出し、メーカー側は否定」との記事を報道したのが2月末。本紙でも1023 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【掛川市】古紙の無人回収所が32ヵ所に設置

2013年3月18日 1025号


静岡県掛川市で無人回収所が爆発的に増加していると聞き、取材に訪れた。市内には32ヵ所の無人回収所が設置されており、設置されている業態は実に様々。古紙の行政回収を廃止して集団回収へ一本化する動きが全国的に目立っているが、静 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【群馬総合紙業】 群馬で最多の4ヤード目をオープン/【総合リサイクルセンター黒田】 8千坪の巨大ヤード、自社回収も注力

サイクルセンター黒田の8千坪もの巨大な新ヤード

2013年3月11日 1024号


昨年、オープンした2カ所の新ヤードを訪問した。1カ所は昨年秋に開設した群馬総合紙業(南雲剛代表取締役)の群馬県館林市のヤード。グループ含めて4番目と、群馬では最も多くのヤードを抱える問屋となった。もう1カ所は山梨県富士吉 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国系商社】日本の古紙輸出事業の七割を手がける

2013年3月4日 1023号


今春、日系商社が相次いで古紙事業から撤退する。豊通セルテックは昨年9月に輸出事業から撤退していたが、国内事業からも3月一杯で撤退することになった。また古紙専門商社として関東ではユニークな存在だった三ツ矢産商が3月末で会社 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【こんの】
毎年講演会を催し意欲高める
人材育成と多角化経営に特色

2013年2月25日 1022号


㈱こんの(本社・福島市、紺野道昭代表取締役社長)が主催する新春の集いに参加した。同社では、毎年1月の第2日曜日に外部から講師を招いて講演会を開き、併せて同社の年度方針を発表し、従業員の活躍を称えるセレモニーを催す。昨年、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【アジアの古紙需給】古紙問屋のトップ20、日本勢が11社

2013年2月18日 1021号


世界の紙・板紙生産の四四%をアジアが占め、いよいよアジアが世界を席巻しつつある。2011年のアジアの紙・板紙生産量は1億7,470万トンにも達した。牽引役となってきたのが中国で、同時に世界中の古紙をがぶ飲みしてきた。とこ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙輸出】12月の輸出が急増し、昨年は過去最多を記録

2013年2月11日 1020号


昨年の古紙輸出量は2009年の記録、491万トンを3年ぶりに更新する過去最多の493万トンとなった。12月の輸出が前年同月比145.7%、数量で14万トン増の46万トンと、大きく伸びたことが記録更新につながった。一方、昨 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【輸出価格】200ドル相場続けばキロ20円台への回復も

2013年2月4日 1019号


リーマンショックで暴落した輸出価格が1年後の2010年には回復し、主要三品のドル価(トン当たりのCIF価格)は200ドル台に。しかし、超円高で円価(問屋手取り)は大幅に相殺され、キロ20円相場は戻らなかった(2010年春 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格

【九十九紙源センター】五ヵ所目(グループとして八ヵ所目)のヤードをオープン
チリスターが好調、ポイント回収も開始

2013年1月21日 1017号


古紙ヤードとしては八ヵ所目 九十九紙源センターの八女営業所を見学した。八女営業所は福岡県筑後市の高速インターを降りてすぐのところに位置する。九十九紙源センターとしては五ヵ所目、グループとしては八ヵ所目の古紙ヤードとなる。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中再生】中国全土を網羅して年間150万トンを扱う

2013年1月14日 1016号


中国で最も古紙扱い量が多いのが中国再生資源開発(中再生)で、年間150万トンを扱う。中国全土を網羅するネットワークと国営企業の強みを生かし、近年は特に急成長を遂げている。本紙は昨年11月、中再生の子会社である四川省再生資 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

20 / 58«19202150»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top