トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー

古紙ジャーナル バックナンバーの記事一覧

10 / 55«9101150»

【価格考察】
鉄スクラップと古紙価格は連動しているか!?
年代ごとに先行指標が変化、新時代に突入か

2015年11月23日 1157号


 古紙価格と鉄スクラップ価格は連動するということが以前から言われているが、果たして連動しているのか。どうせ比較をするなら徹底的にやろうということで、一九七〇年代から直近までの古紙価格(段ボール古紙価格)と鉄スクラップ価格 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【キーペックス】
機密書類の保管業務で三十年超の実績
千葉と茨城の保管施設で約百万箱を収容

2015年11月16日 1156号


機密書類の保管サービスを手掛ける㈱キーペックス(千葉市中央区中央港2ー4ー4、齊藤宏代表取締役社長)を訪問した。同社は、一九八〇年代から機密書類の保管サービスを始め、高いセキュリティを備えた倉庫で、首都圏の企業の書類保管 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【スマート 古紙回収】
IoT技術活かし古紙回収
自治体等に導入で五~九割回収効率向上

2015年11月9日 1155号


モノのインターネットといわれる「IoT(インターネット・オブ・シングス)」が注目されている。身の回りのあらゆるモノにセンサーが組み込まれて、ネットを介してつながり、相互に通信できる仕組みのことだ。従来、見えていなかった情 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【生協の リサイクル施設】
パルシステム連合会のリサイクル施設を見学
商品カタログ(月間千二百トン)を回収、メーカーに直販

2015年11月2日 1154号


本紙調査によると、生協が運営するリサイクル施設は全国で八ヵ所となった。また今回取り上げるパルシステム生活協同組合連合会は、杉戸リサイクルセンターを含めて計四ヵ所にベーラーを設置している。最近、特に生協関係者から本紙への問 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【安田産業 大剛】
古紙と飲料容器選別に特化した工場を開設
工場内で水耕栽培、古紙の回収増にも意欲

2015年10月26日 1153号


安田産業グループである㈱大剛の伏見工場が昨年十二月にオープンしたので、見学取材させてもらった。安田産業グループでは八ヵ所目の工場となり、大剛としては三ヵ所目となる。これまで大剛・八幡工場で行っていた飲料容器のリサイクル事 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【バイオ エタノール】
古紙由来のバイオエタノールが普及するか?
生産コストの改善が課題、輸入品が主流に

2015年10月19日 1152号


 古紙の新たな用途として、注目されるバイオエタノール。CO2削減に貢献する代替燃料として期待されてきたが、原油価格の変動やエネルギー政策の方針によって企業や政府の支援体制も大きく変わり、研究開発の道のりも平坦ではなかった […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

日本製紙と特種東海が段原紙販売で事業提携
古紙も共同調達へ、静岡で月間十万㌧を消費

2015年10月19日 1152号


日本製紙と特種東海製紙は、段原紙分野などのテコ入れを図るため、販売事業の統合を発表した。特種東海の島田工場を、両社が出資する生産子会社化にするとともに、販売会社を新たに設ける。両社合わせた段原紙の国内シェアは二〇%に達し […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【新聞古紙】
新聞発行部数の激減で、逼迫感続く
スポットで20円台半ばの高値も

2015年10月12日 1151号


 新聞古紙の発生の落ち込みから、国内価格の騰勢が続いている。輸出価格の上下との連動は薄れ、むしろ需給逼迫の長期化から、国内製紙メーカーは必要量の手当てに苦戦。プレミアム(上乗せ)価格を中心とした高値取引が続いている。都市 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格

【古紙価格 ドル価推移】
二〇一一年のピーク時から三〇~四〇%下落
為替相場が円価支えるも、市況の波乱要因に

2015年10月5日 1150号


 古紙の輸出市況をドル価でみたとき、中位~低位の価格時代に差し掛かりつつある。中国の需要低迷に加えて、アジア諸国による増設計画は回収システムの整備も同時に進めるため、大きな需要増が期待できないからである。一方で、円価によ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【ロシアの古紙問屋】
クリーンシティー社は木材パレットと併業
シューリコ社は回収量を増やし輸出に関心

2015年9月28日 1149号


 ロシア極東地域にある古紙問屋二社を訪問した。一社はウラジオストクで木材パレット業の傍ら、三年前から資源物回収も行うクリーンシティー社。木材パレットと資源物回収を併せて行うビジネスは、ロシアでは多い。昨秋には中国製の大型 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

10 / 55«9101150»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top