2018年2月19日 古紙価格 » 1267号

【国内古紙価格】
段ボール・雑誌は建値水準
新聞のみプレミアム残る

古紙の国内価格・輸出価格の推移

 2月の国内向け古紙価格は、プレミアム(上乗せ)が雲散霧消し、ほぼ建値ベースとなった。つまり段ボールがキロあたり18円、雑誌が15円である。王子HDや日本製紙は昨年7月から裾物3品について3円ずつ引き上げたが、それを上回る輸出価格に合わせてプレミアム価格を付けていた。だが昨年秋口からの輸出価格の下落に伴い、プレミアム幅が徐々に縮小。ついにこの2月からプレミアムが消滅し、建値ベースになったというわけ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top