2013年2月4日 古紙価格 » 1019号

【輸出価格】200ドル相場続けばキロ20円台への回復も

リーマンショックで暴落した輸出価格が1年後の2010年には回復し、主要三品のドル価(トン当たりのCIF価格)は200ドル台に。しかし、超円高で円価(問屋手取り)は大幅に相殺され、キロ20円相場は戻らなかった(2010年春、輸出価格の影響もあって国内建値が全国一律価格に揃うという画期的な出来事はあったけれど)。逆に昨年は1~4円国内建値が引き下げられた(家庭紙向け古紙は4円以上も下がる)。安倍自民党...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top