【容リ協会 入札結果】
中国の規制強化後も、還流みられず
PET・紙製容器は穏当な結果に

落札平均価格(加重平均)の推移

 公益財団法人容器包装リサイクル協会(容リ協)がHP上において、今年度の容リ法にもとづく再商品化事業の落札結果を公表した。対象はPETボトル、紙製容器包装、ガラスビン、プラ製容器包装の4品種。中国の輸入規制による流通変化の影響がどのように現れるか注目されたが、大きな混乱はみられなかった。特にPETボトルは市場全体における輸出比率が高いため、容リルートへの還流も予想されたが、予定数量は2,000トン...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年10月15日 古紙価格 »  1299号
2018年10月15日 古紙需給 » 1299号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top