2020年7月27日 関連業界 » 1387号

【脱石炭の方針、製紙にどう影響?!】
非効率石炭ボイラー、製紙の22基対象に
蒸気利用で低ロス率だが生産動向焦点に

©shutterstock

 経済産業省が7月4日、2030年までに非効率な石炭火力発電を撤廃する方針を打ち出した。日本の石炭火力発電への依存度は高く、全電源構成の32%を占める。だが、CO2排出量の多い石炭発電は世界的に廃止する流れが加速。ESG投資の観点からも、金融機関は一定の基準を満たさない石炭火力発電には融資しない方針も打ち出す。  日本では石炭発電の依存度を下げるため、非効率な石炭火力発電を将来的に休廃止する。対...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top