2005年2月7日 古紙ジャーナル記事 626号

【中国の紙・板紙設備】
今年も板紙は285万トンの能力増へ
2年連続で驚異的な設備投資続く
今秋にもリー&マン本社第2工場で40万トンマシン稼働

日本製紙が合弁で設立した浙江景興日紙(浙江省平湖市)の中芯原紙年産15万トンマシンが1月下旬から営業運転に入った。今秋にはリー&マンの本社・第2工場(広東省東莞市)で年産40万トンの段原紙マシンが完成・稼働する。中国では昨年に続き今年も、紙・板紙生産設備の驚異的な規模の新増設工事が行われている。 とくに板紙分野で突出しており、段原紙で140万トン、白板紙の紙器用板紙で145万トン、板紙全体で...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top