2019年6月10日 海外動向 1331号

【米中貿易戦争】
米国は製紙・古紙全品に25%関税
中国は必要度によって関税率を設定

米中貿易戦争の関税実施状況

 米中貿易戦争における製紙・古紙関連の関税対象品目をまとめた。製紙・古紙関連の関税では、先に動いたのは中国。2018年8月8日に米国が160億ドルを対象とした第2弾関税リストを発表したが、その報復関税として米国の古紙全品に25%を課すと発表。実際に8月23日から課せられた。  そして2018年9月24日から米国が実施した第3弾関税リスト(2,000億ドル)には、製紙・古紙関連の品目全品を記載。米...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top