2014年3月3日 古紙需給 » 1072号

【家庭ごみ有料化】
千葉市が2月から開始、政令市で9番目
古紙の回収量は2~3割増加の可能性も

全国の約6割の自治体が家庭ごみの有料化を実施しているが、古紙の掘り起しにも大きく貢献する。ごみ排出量に応じて袋代として費用が徴収されるため、古紙など資源の分別排出がより徹底されるからだ。人口規模の大きな自治体での導入は少なかったが、2月から千葉市が政令指定都市で9番目に開始した。同市の今後のごみ量と古紙回収量がどう推移するかが気になり、既に導入してきた政令市の4市で効果を検証してみると、古紙は2~...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top