2007年9月24日 古紙ジャーナル記事 755号

【秋田県の古紙回収】
分別収集が定着、古紙回収量の8割占める
【山形県の古紙回収】
助成金充実する集団回収、分別収集は減少

全国の地方自治体の都市部を対象とした調査で、今回は東北地方の秋田県と山形県を報告する。秋田県は13市で人口は約102万人、山形県は13市で約94万人。秋田県では回収量のうち分別収集が約8割を占めるのに対し、山形県では集団回収が約7割を占め、特徴の違いが鮮明となった。 ただ共通するのは大都市において行政と古紙問屋、製紙メーカーの三者が連携して古紙のリサイクルに取り組んでいることだ。また両県では...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top