2020年5月18日 古紙需給 » 1377号

【逆有償回収】
逆有償回収の拡がり、契約どう変わる
産廃業者の逆有償、認めぬ自治体も

管理会社による逆有償回収の事例

 市況低迷を受けて、全国的に排出先からの逆有償回収が急速に拡がった。収集に係る経費が現在の古紙の売価では賄えなくなったためだ。国内メーカーは基準価格を残すものの、輸出価格との平均売価は大きく下がり、仕入れ相場も連動し下がった。これまで段ボールを有価物として買い取っていたのが、収集コストの一部を排出者に負担してもらわなければ、事業として成り立たなくなっている。  そこで課題になるのが契約形態である...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top