2020年3月16日 古紙需給 » 1369号

【中国のメーカー別輸入量】
消えゆく市場、中国メーカー46社が日本から輸入
大手2社のナインドラゴンと山鷹でシェア45%占める

 2019年の中国のメーカー別古紙輸入量のデータを取得した。環境規制の強化から輸入ライセンスが毎年減り、輸入量はピーク時の3分の1まで落ち込んだ。中国のメーカーにとっては、工場の稼働率にも関わるため、輸入ライセンスの重みが増している。こうした中で、輸入実績データからは各メーカーがどの地域からどの品種にライセンスを割り当てて輸入したのか、実態がみえてくる。  まず2019年の概況を振り返りたい...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top