【連載②】国内段原紙・古紙市況は持続可能か?
原紙供給のスキーム・商習慣を徹底解説
段ボール事業における『構造不況』の要因に迫る

段ボール原紙・段ボール市場のシェア

 世界の製紙産業は段ボール事業が主役に取って代わり、成長の牽引役を担いつつある。日本でも同様の傾向だが、製紙メーカーの業績をみればいまだ低い収益率に甘んじている。かねてより日本の段原紙は世界一安く、長らく低収益に苦しんできた。こうした「日本病」ともいえる構造不況の要因はどこにあるのか?段ボールの指定紙・支給紙・集中購買という流通の仕組みや、値戻し・協力金という独特の商慣習についても徹底解説しつつ、...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top