2013年4月1日 古紙ジャーナル記事 1027号

【古布】
35万㌧回収、75万㌧が焼却へ
中古品の需要増と新規参入で競争激化

 古布・古着の市場への関心が高まっている。他の再生資源と異なり、中古衣料向けが主な用途で、安定した輸出市場が魅力となっているからだ。古紙問屋にとっては、古紙とともに回収するルートを築いてきたが、販売は専門業者に任せることが通例だった。ところが、輸出量が年々増えてきた中で、古紙問屋でも自らプレスし、輸出するケースが増えている。多様な回収方法が拡がりつつあるが、焼却処分される割合も多く、古紙問屋は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top