2013年3月25日 古紙ジャーナル記事 1026号

【米国の古紙需給】
中国のメーカー系3社で3割のシェア
問屋は廃棄物系とメーカー系が占める

 古紙の輸出ビジネスにおける「商社不要論」がにわかに巻き起こっている。英国の業界専門誌であるMRW誌が「中国の大手メーカーが中小輸出業者を市場から締め出し、メーカー側は否定」との記事を報道したのが2月末。本紙でも1023号(3月4日発行)で中国系商社が日本からの輸出量の7割を手掛けている状況を取り上げた。では、最大の輸出量を誇る米国の状況はどうなっているか?毎年2,000万トン強を輸出する米国の古...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top