2016年7月18日 古紙ジャーナル記事 1189号

【日系商社5社の扱い量】
日系商社が取引量を伸ばす
輸出騰勢と国内消費増が追い風に

日系商社の扱い量シェア

 日本からの古紙輸出量は二〇一二年の四百九十三万トンをピークに減少傾向が続いている。発生量が落ち込み、国内消費も堅調であることから、輸出余力が縮小していることが主な要因だ。こうした輸出と国内の需給バランスの変化に対応し、活躍の場を広げてきたのが日系商社である。一時は中国メーカー系の外資系商社に押されていたが、再編も進んだこともあり、ここ数年で扱い量を伸ばし業績を回復させている。  日系商社による...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top