2015年11月30日 古紙ジャーナル記事 1158号

【台湾の製紙】
段原紙マシン三台で計七十七万㌧の増設
中国の人件費高騰等で、製造業が回帰

台湾における段原紙生産量の推移

 世界的な「紙離れ」によって、洋紙分野の市場縮小が続く中、製紙業は板紙と家庭紙に成長を求めるのが、世界の趨勢となっている。日本でもここ二、三年の間に、新マシンの設備投資があったのはこの二分野である。台湾でも同じく設備投資の動きが広がっている。ただ、台湾の場合、過去に中国本土の投資に傾倒したことにより生じた産業空洞化の反動もある。中国は人件費の高騰や経済成長の減速に直面しており、今後の製紙における新...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月18日 関連業界 » 1320号
2019年3月18日 インタビュー » 1320号
2019年3月18日 古紙価格 » 1320号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top