2016年7月11日 古紙ジャーナル記事 1188号

【古紙問屋 売上・利益】
古紙問屋の平均売上は三・七億円
この三年で売上・利益ともに増加

古紙問屋(兼業含む)の売上トップ20(2014.15期)

 二〇一三年以降、円安が急激に進んだことで輸出価格の手取りが上昇し、それに合わせて国内プレミアム価格も増加した。昨年六月の本紙一一三六号で、二〇一三年期・一四年期は多くの問屋が利益上昇と報じたが、一五年期は更に上昇。過去最高の売上・利益を記録する古紙問屋が増えている。古紙回収量を単純に企業数(古紙用大型ベーラーを保有する企業数)で割ると、一社当りの平均扱い量は減少傾向ながら、単価の上昇によって平均...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top